読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

buzzsaw76’s blog

世界に出よう。フッとした事から可能性が広がる

仲間達 19 歳 始まり | 語学習得情報サイト【語学習得.com】

私事になりますが、
小学校の事はもう神話の世界。なぜなら大筋はなんとなく頭にありますが、何が起こったか、自分で毎日何してたかなど覚えていません。ただ何も無くダラダラ毎日が過ぎてたかの様に。それでも後半の頃に流行った歌やテレビドラマなど少しは記憶にあります。そんなに遠い過去でも無いのに、何が真実で何が真実 ではないか自分の記憶さえも当てになりませんね。

そして中学。特に楽しかった、色々な所に毛も生え出して少しは大人に成ったか、そんなところ。

いや違う。ガキの頃、家から歩いて行ける距離の友達とは違う、新しい感覚や同じ様な価値観の友達が出来た。実際その内の何人かは今でも心に鮮明に残ってるし、いまだに連絡取ったり付き合いがある。でもそれは中学時代が終わった後も付き合いが有ったからですね。

そして初めて女性と付き合った。付き合う迄にも取り巻く環境で色々な事件や心情の変化など、初めての事なのでとても刺激的だった記憶が今でも残ってますね。

だけどやっぱり自分の中では有史以前の出来事にすぎません。楽しかったのは確か、親に沢山迷惑かけたのも確か。とにかく勉強などはしませんでした。親に通わされてた塾も慣れてきたら、行くふりして仲間と喫茶店で屯。又はボウリングしたり。

別に不良でもない大人びてたわけでも無いが、その頃テレビでやってた学園ドラマなど見ても、実際の自分等の生活とはかけ離れてるし、バカバカしい垢抜けない田舎臭い作り物にしか既に感じられませんでした。とにかくくだらない、今時そんなダサい高校生居ないだろうと、高校生になる前から。小学生くらいならカッ コ良い青春時代と憧れるでしょうけど。

高校はまだ憶えてる事沢山有ります。電車で通学が嫌でした。大抵のことは中学で経験してきたからそんなに新しい事は無いが、環境や友人が変わったから楽しさも変わった。子供ながらにその頃の年齢は1番楽しい時でしょ。もう体は大人と同じだし、それに何人かはオッサンみたいのもいっぱいいましたね。

引き続き勉強など中学以上にしてませんでしたが、色々と大人の世界が分りかけた楽しく幸せな時期でした。友人とか今でも、途中途切れてはいるものも、飲み行ったり。近代に1番近い昔の感じですね。

その楽しい時期が自分の意思とは無関係に過ぎて行き、(今にして思えば高等学校自体も楽しかったのかもしれないが、当時は勉強させる学校好きでなかった)、その辺りから始まった私にとってかなり強烈な10年が有るのです。

高校2年生の夏休みに同じ学校の仲間と2人でヨーロッパに1ヶ月と何日かの放浪の旅に行ってきました。それまでは自分で何したいとか、何になりたいなど目的もこれと言ってありませんでしたが、その夏で少し手応えを感じ取りました。

何をしたいか?それは進学も就職もしたくない!何になりたいか?何にも成りたくない!と。

でもそんな簡単な事どうして前は気付かなかったのでしょう?いや気付いてはいるもの、正々堂々と御天等様に向かって言えなかった、どこか後ろめたさが有ったのでしょう。

そして高校生活終了後、適当に働き金作りヨーロッパに行きました。その時に旅行目的で2~3ヶ月ヨーロッパに滞在したい別の幼馴染と一緒に飛行機乗って。

着いてどうしたかは忘れましたが、色々とありました。それなりに。

当時はインターネットも携帯など無いし、クレジットカードも持ってない。それよりも自分勝手に人様の国の面倒な手続きや細かい法律とか一切無視でしたから。その頃は地球に昔の権力者のオッサン達が都合よく線を引きどこの国、又は誰の土地と決めていたとか感じていましたし、俺は好き好んで日本で生まれた訳でも無いのにどうして外国に自由自在、好き放題に住んでは行けないんだと純粋に心で叫んでました。

ところがそうは言っても、もう権力者達が既に決めてる事で、自分が感じてる様に事が運ぶ訳はありません。それに10代の言葉も分らない汚らしい東洋のガキ、誰にも相手にはされないし、ゴミみたいな物です。そんなこんなしてる内に食える位の仕事は有る事がわかり、そういう生活が始まりました。

東京の大田舎から出てきたばかりの何もわからないガキだし、言葉や土地の習慣も理解してなかったので、今思えばみっとも無かった(当時は必死だったからわからなかったが、)周りの人達からもバカだと思われてたでしょう。けれども少しして慣れたら、もう天国、快適な生活です。後悔など1滴も無いです。